スポンサーサイト

  • 2008.06.15 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


合歓の木の花

1ヶ月以上更新していなかったので、久々のUploadです。

この1ヶ月半ほど、非常に色んなことが起こりました。
人生設計にも、また家作りにも、大きな変化が発生しつつあります。
まだまだ収束していないので、落ち着いてブログを書く気力が湧いてきませんでした。
一連の騒動(?)が一段落するには、もう少し時間がかかりそうです。色んな意味で落ち着いてきて、頭と気持ちの整理がついてきた段階で、この1ヶ月半ほどの変化について、書いていきたいと思います。

ということで、今日は家作りと子育てには関係の無い話題です。

我が家のベランダにある合歓の木の花を紹介します。
合歓の木
既に咲き始めたから2週間近く経ちます。なかなかシャッタチャンスが無かったためにご紹介が遅れました。

この合歓の木、2代目です。
1代目は非常に気に入っていたのですが、2年弱で枯らしてしまいました。
この2代目、昨年の今頃購入したのですが、ベランダで一冬越して無事開花してくれました。沢山花を付けてくれて頑張っています。

オリーブも花をつけていたのですが、写真をとるまもなく散ってしまって残念です。

帰省:IKEA 仕立ての神戸ポートライナー

IKEA Liner1 IKEA Liner2

Golden Week後半は世間並み(?)に旅行に出かけました。といっても帰省で関西に帰りました。妻の実家が大阪府の高槻、私の実家が神戸なので、暦通りの四連休でも、両方の実家に行くことができます。

私の実家は元々神戸市内でも山を切り開いた坂の上に建っていました。阪神大震災では辛うじて屋根を張り替えるだけで済んだのですが、最寄の駅まで坂を下って30分という不便な立地です。神戸港を見渡せる景観は捨てがたいものがありますが、年をとり病気がちな父の通院や、耳が遠くなって補聴器に頼っている母の車の運転も危険になってきたことを考え、神戸ポートアイランドのマンションに転居しました。

転居先はある意味非常に便利です。父の通っている病院はマンションから歩いて5分、神戸空港からはポートライナーという日本初の新交通システムにのって15分です。東京から帰省する場合、この神戸空港は極めて便利です。スカイマーク航空だと片道11千円と、新幹線よりも割安で、かつ早く往復することができます。

また、神戸ポートピアホテルが歩いて5分程のところにあります。年をとり体調もあまりすぐれない父ですが、何故かフランス料理が好きです。その父が大好きなフランス料理レストランが神戸ポートピアホテルにあります。フランスのリヨン郊外にある著名なレストラン アランシャペルの唯一の海外店です。私も父に連れられて何度か行ったことがありますが、父な何故かシェフに大事にされていて、いつも父だけは特別の献立で料理を出してもらっています。

最近、ポートアイランドに新たな話題スポットができました。IKEAです。4月14日にオープンしたばかりで、大盛況のようです。大規模店舗の割には、比較的便利な場所に立地しています。三ノ宮(神戸市の中心の繁華街です。徒歩圏内にデパートのそごう、丸井、大丸元町店や、異人館で有名な北野町などがあるところです)からポートライナーに乗り10分強で目の前につきます。元々阪急電鉄経営の遊園地があった場所の跡地です。千葉のIKEAが人口スキー場ザウスの跡地に建っていますし、人々の嗜好、ニーズの移り変わりを感じます。

漸く本題ですが、IKEAが内装を手がけた特別仕様のポートライナーがあります。何気なく意識せずに乗り込んだところ、何か妙に賑やかな感じがしました。よく観察したところ、IKEAのファブリックで座席を装飾しています。しかもよく見てみると、車両毎に内装が異なるという凝り様です。
IKEA Liner4 IKEA Liner3
IKEAのスタッフの方も乗り込む力の入れようです。大震災以降すっかり元気が無くなった神戸ですが、少しでも街の活性化に繋がればいいな、と思います。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

昭和の日:友人を呼んで自宅でランチ

世間的にはGolden Week(最近死語なのでしょうか。マスコミでは大型連休と呼んでますね。1週間以上あるからでしょうか?)の真っ最中、会社によっては10連休、なんてこともあるようですが、私も妻も暦通り、会社に出勤しています。

それでも、それなりにGW気分を味わおうと、GW前半の山場、昭和の日に、妻の友人二人を自宅に招いてランチを楽しみました。一人は3歳の息子さんを連れてきたので、我が家の息子も入れると総勢6名の賑やかなランチとなりました。

普段通り6時に起床(息子が起きてくるので休みの日でもゆっくりできません)。来客に備えて、朝食の後は、まずは荒れ放題の家の掃除です。私がハタキと掃除機、妻がトイレと洗面所、というのがいつもの分担です。
ちなみに、ハタキには花王のクイックルワイパー ハンディが凄く便利です。軽く一拭きするだけで、あらゆる埃をとってくれる優れものです。
   花王

続いて、食事の下準備。前日までに買い揃えた食材を刻んだり、焼いたり。休日の食事を作るのは私の仕事なので、基本全て私が調理します。
スーパーが開く時間を見計らって、足らない食材の買い物。息子をバギーに乗せてスーパーへ。片道徒歩5分程度なので、息子の散歩に丁度いい距離です。

買い物から帰ると残りの下準備。それから妻の車の練習を兼ねて、子連れの友人の出迎えに向かいました。

ということで、午前中は準備に終われましたが、午後は順次食事を出しながら、昼から優雅にCAVAやワインを楽しみました。

食事をしながらの調理していたため、写真は取れませんでしたが、ランチのレシピは次のとおりです。

・ポテトサラダ
・ラタティーユ
・グリーンアスパラガスのグリル、ワサビマヨネーズドレッシング添え
・ホタルイカと空豆のプロバンス風(ニンニクとアンチョビを入れてオリーブオイルで炒めました)
・マッシュルームのオイル焼き
・茄子のミートソースグラタン

並べてみると結構たくさん作ってますね。
賑やかで楽しい休日を過ごせて大満足です。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

実施設計〜ショールーム見学

先週の土曜日コンランショップ新宿店に行った後、Living Centre Ozoneも覗いてきました。
あまり時間が無かったので、OZONE情報バンクのライブラリーは見る時間が無かったのですが、ショールームやイベントの展示を少し見てきました。
Ozone
丁度開催していたイベントが、GW特別企画「新築・リフォームフェア」でした。色々興味深いセミナーなどが開催されていましたが、残念ながら乳児を連れての参加は難しく、展示を眺めてきただけでした。

今、妻の最大の関心事は、内装の壁を何色にするか、といことです。
建築家Nさんの提案を受け入れて、外壁に沿った壁は外装と同じJOPLYPATEを使用することで納得したのですが、内装と外装を同じ色とすることにはまだ納得していないようです。Nさんはグレーを、妻はなんとなくブラウンを押しています。

ということで、家具のショールームを見ていたにもかかわらず、濃いブラウンに塗った壁と濃いブラウンに塗った壁、両方をみつけると妻の関心はそちらに向いていました。人間って関心のあるものしか、目に入らないですね。

妻は、見本をみてイメージが多少ついたのか、グレーでもブラウンでもOKという感じです。いずれにしても、全体のバランスと個々の部屋の雰囲気、両方から決めていきたい、というのが妻の希望です。私もそれがいいと思っています。

ということで、Nさんには、内外装の色について何パターンかの3Dイメージを作ってもらい、決めていくことにしたいと思います。

Living Centre Ozoneは、家作り中の我々には情報の宝庫です。それほど家から遠くもないので、折々に情報を得るため、出かけていきたいと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

生活雑貨〜キッチン分別ゴミ箱

先週の土曜日、日曜日と、新居のキッチンで使用する小物の下見に行ってきました。
土曜日はコンランショップ新宿店。
日曜日は東急ハンズ新宿店。
いずれも妻の車の運転の練習を兼ねて、車で出かけました。

当初は、キッチンに置く調理用の調味料入れを見に行く予定でしたが、コンランには調味料入れそのものが見当たらず、キッチンのシンクの下に置く分別用ゴミ箱を物色しました。

新居のキッチンのシンク下には、ディスポーザーと分別ゴミ箱を置く予定です。ゴミ箱を置くところは扉をつけずオープンスタイルにします。幅600ミリ、高さ560ミリに二つ並べて収まるものを探す必要があります。

また、キッチンでの動作の利便性を考えると、足でペダルを踏むとフタが開くタイプが便利かな、と思っています。

コンランで見つけたのは、これです。
バタフライステップカン
なかなかスタイリッシュなのですが、容量(20L)の割にサイズが大きく、値段が高い(1万円以上していました)のが難です。

東急ハンズには上と同じものが置いてありましたが、その他にこれがありました。
クードスリム
同じ20Lなのに大きさが一回り小さいです。なおかつ、車がついているので、シンク下からの出し入れも簡単そうです。値段も4千円未満とお手ごろです。
ネットで調べると2個、7200円・送料込みで売ってました。

ということで、入居までに更にいいものが見つからない限り、これを買おうと思います(廃版にならないといいですが)。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

神戸屋レストラン

先週日曜日、住宅展示場の帰りに神戸屋レストラン浜田山店に行ってきました。
親子3人の久しぶりの外食です。
神戸屋浜田山店
神戸屋レストランは、神戸育ちの私には非常に懐かしい店です。1975年に西宮(兵庫県)に第一号店が出来たそうですが、子供の頃その第一号店に何度も行った記憶があります。
というのも、私は神戸に住んでいましたが、母の実家が京都にあり、週末よく車で神戸から京都まで出かけていました。神戸屋レストランは、名神高速道路の終点(起点?)の西宮インターの近くの国道沿いにあり、神戸から京都に行く途中にランチを食べに立ち寄っていたのです。

神戸屋レストランは、外が白いレンガ張りの建物、入り口にパンを売るカウンター、奥に明るいレストラン、というコンセプトは1号店から変わっていません。白いタイル張りの外装は、オープンベーカリーの神戸屋キッチンでも共通だと思います。30年以上前から同じスタイルでも古臭さを感じさ無いところがすごいと思います。

神戸屋レストランは昔から焼きたてのパンの食べ放題がうりで、これは今も引き継がれていました。

妻は「パン屋さんのシチュー」にコーンチャウダー・パン・コーヒーのセット、私はスペシャルランチ(パン・コーヒー付)を頼みました。
神戸屋パン屋さんのシチュー
パン屋さんのシチュー
神戸屋スペシャルランチ
スペシャルランチ
息子は、パンとコーンチャウダーで満足していました。
なかなかボリュウムがあり、特にパンの食べ放題は美味しく、すっかり満腹となり、大満足です。

ベンツやBMWで乗りつけた小さな子供連れの家族で満員、大盛況でした。さすが高級住宅街浜田山といった感じです。

唯一難点を挙げるとすれば、我々家族のような庶民には少し(大分)高かったです。ランチで大人二人だけ料理を注文して、酒も飲まずに4千円以上、というのは高級レストランという感じです。何度もいける価格帯ではないのが少し残念です。

にほんブログ村 住まいブログへ

実施設計(5)〜住宅展示場:内外装チェック

先週日曜日、杉並区にある浜田山の住宅展示場に行ってきました。実は、お恥ずかしながら、自宅新築計画を始めてから初めての住宅展示場見学です。

以前から、参考のために住宅展示場に行こう、という話をしていたのですが、息子が小さいこともあり、なかなか実現しませんでした。

今回重たい腰を上げた要因は二つ。

まずは、妻の運転の練習です。妻は20年以上ハンドルを握っていない典型的なペーパードライバーです。息子の出産を機に、一念発起してペーパードライバー教習を受けました。ということで、運転の練習を兼ねて車で外出したい、というニーズがあります。

もう一つは、内外装用の塗り壁材の仕上げ例を見る、ということです。
建築家Nさんからは、1階と2階途中までの外装と外壁沿い内壁の仕上げの素材としてアイカ工業のJOLYPATE(ジョリパット)を薦められています。というのもJOLYPATEは内装、外装両方に使えることです。
新居のコンセプトは、変形の敷地に周囲から迫った境界線に沿って壁をたて、家の内部空間を切り取るというものです。Nさんとしてはこの壁はRCで作りたかったのですが、予算の制約から断念。せめて外観だけでも一つの壁風に仕上げたいため、内外装を同じ素材を使用することに拘っています。
私はWebサイトをみてなんとなく感じはわかったのですが、妻はやはり実物をみて決めたい、ということで住宅展示場に出かけることにしました。

実際にJOLYPATEを使用しているか否かは別として、同じような素材を使用したモデルハウスが多数並んでいたので、妻も納得していました。

住宅展示場でモデルハウスを見学するのは意外の時間がかかるものですね。2時間程いて、結局3軒しか見ることができませんでした。覚悟はしていたのですが、営業の担当の方がぴったりはりついて説明してくれたのには気疲れしました。

またアンケートに答える際に、適当に誤魔化すのも苦労しました。まさか、建築家と設計権利契約を締結し実施設計中で、あくまでも参考のために来ました、といはいえないし。。。
「これから土地を探します」、と答えると、「土地を斡旋します」と言ってくれるし、「土地は取得済みです」、と答えると、「是非プランを提案させて欲しい」、と言ってくるし。
とうことでもっとも無難なのは、「土地は目途がつき今契約の詰めをしているところです。プランのご提案は契約が終わってからにしてください」という感じでしょうか。こうしておけば、後々フォローの電話が来ても、成約にいたりませんでした、でとりあえず逃れることができそうです。

MisawaHome
今回見学した3軒の中で、一番気に入ったのが、○サワホームです。
今年の3月8日にオープンしたばかりの新築物件です。「『上質な日常』をテーマにライト・ウィンドコート(中庭)を設け、全ての部屋から光と風を感じます。自然素材を使い、ジャパネスク(現代和風)のインテリアで落ち着きのある、癒しの空間を表現しています。」といことで、「50歳代の夫婦と20歳代の娘がいる家族が、老後を見据えて立て替えた家」と想定、相当グレードが高い家です。いわゆる建築単価は坪100万円以上するそうです。内装は珪藻土を4回重ね塗りしているとのこと。

中庭を中心に回遊性のある間取りで、中庭からの光がやわらかく入っていました。Japanese Modernでシックなたたずまいは、なかなか良かったです。

住宅展示場、色々参考になりました。これからも時々出かけたいと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

実施設計(4)〜展開図

先週土曜日に実施設計第3回目(建築家Nさんとは第10回目)の打ち合わせを持ちました。

前回の打ち合わせとの最大の違いは、各部屋の展開図が出来上がってきたことです。
(ちなみに私は今回の打ち合わせで初めて知ったのですが、展開図とは各部屋の東西南北それぞれの面を描いた図だそうです。)

基本設計の段階で、模型や3Dなどで立体的なイメージを摑んできましたが、実施設計に入り、建築家NさんとアシスタントTさんは図面を着実に書き上げていくのに忙しく、構造計算に基づいた実際の寸法での立体的なイメージは、今回の展開図で初めてみることになりました。

やはり、展開図で見ると各部屋のイメージが非常によくわかります。各部屋の収納やその内部の棚、また空調の設置場所・方法などが手に取るようにわかります。

窓については、前回の打ち合わせの時に平面図上位置だけは決めたのですが、今回の展開図で、サイズや高さなどが良くわかります。

展開図に従って、各部屋を確認していきました。また、前回は義父義兄とのQ&Aセッションを設けるてめ、説明を受けるだけにとどまったコンセントの位置や照明についても、細部まで打ち合わせして、ほぼ固めることができました。

照明や窓の大きさ・形、収納内部の棚など、積み残しはまだまだありますが、実施設計を完成していくために必要な部分はかなり詰まってきたと思います。

今後のスケジュールをNさんに確認したところ、5月中に実施設計を完了し、6月には相見積もりに入るとのこと。
実施設計は予定より1ヶ月早く終わったのですが、構造計算に時間がかかり、実施設計には予定より1ヶ月多くかかる見込みです。

構造設計家の方の繁忙は中途半端ではないようです。木造2階建ての家にも拘わらず、実はまだ構造計算が完了していません。ということで、大きな開口部(2階吐き出し窓や風呂の窓)などはまだ詳細が決まっていません。
これが決まらないと、本当は実施設計図面が本格的には描けないようです。構造計算が終わらなくても決めることができることは決めていきましょう、とNさんにお願いしたために、多分書き直し前提で無駄な作業をお願いしているような気がします。Nさん、Tさんすいません。

NさんはGWを挟んで2週間欧州に視察旅行に旅たちます。次回の打ち合わせは連休明けになりそうです。

現時点の完成予定は来年6月末。見積もり・施工会社選定や、建築確認申請に余裕を持たせた計画になっています。まだまだ先は長いので、息切れしないよう、じっくり取り組みたいと思ってます。

にほんブログ村 住まいブログへ
ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
住まいブログ:ランキング参加中。クリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログへ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM